大雪でも混乱しないワシントンDC

皆様こんにちは。

今日は雪のため学校が早く終わりました。悪天候の日にワシントンDCの人々がどう対応するのか、書いてみようと思います。

雪が積もってもあまり混乱しないワシントンDC

ワシントンDCでは、2週間前の大規模な積雪に続いて今日も雪が降り始めました。こちらの冬は寒く、いったん雪が降り始めると積もることが多いです。雪が積もると、学校や職場は休みになります。

日本の、特に首都圏など普段雪があまり積もらない地域では、雪が積もると大混乱となります。帰宅困難な人がたくさん発生しているというようなニュースも時々目にします。

ワシントンDCでは、そのような混乱はあまり発生しないように思います。私がこちらに住み始めてから7~8回くらいは雪が積もりましたが、日常生活レベルでの大きな混乱は体験したことがありません。

計画的に潔く

ワシントンDCでは、悪天候が予想される場合にはあらかじめ対応が周知され、そして学校や職場はあっさりと休みになります。

例えば、今日のケース。

午前11時くらいに、学校からの一斉メールが届きました。内容は、

 ・積雪が予想されるため、学校は午後3時以降閉鎖。
 ・午後3時以降に開始する授業は、学内での授業は全て休講。午後3時より前に始まる授業は休講となるか午後3時で終了する。オンラインでの代替授業や補講があるかどうかは、教員からの連絡による。
 ・教職員は、緊急対応の職員以外午後3時に職場を離れ帰宅すること。給与は通常通り支払われる。緊急対応の職員は、上司の指示のもと業務を行うこと。

という感じです。

このようなメールは、今回のような雪の場合、大雨や強風が予想される場合にも送られてきます。直前になって急にメールが来るということはなく、ある程度時間的な余裕をもって送られてきます。

他の学校(小学校等)や職場も、雪がひどくなる前に終了しているようでした。

日本の場合、小学校は警報が出たら休みになっていたように思いますが、職場は一般的にどうなのでしょうか?私の知る限りでは、

 ・天候が悪くても特に関係なく通常通り
 ・社員の自己判断で来られそうな場合は来る
 ・電車が動いていれば来る
 ・直前になってから早めの帰宅の指示が出る

というようなケースが多いように思います。いずれにしても混乱を招く運用だと思います。

どちらがいいと単純には言えませんが、個人的にはワシントンDCのように、各組織があらかじめ対応を決定し潔く休みにする方が、安全の確保の観点で優れていると思います。

もっと雪が頻繁に降る地域はどのように対応しているのか、少々の雪では休みにならないのか、気になるところです。

授業はどうなるか

私は午後2時から午後3時20分までの授業を取っていたので、どうなるのか指示を待つことになりました。約30分後に担当教授からメールがあり、

 ・授業は午後3時で終了する。
 ・時間内に終わらせるために、前回の復習や生徒を指名して質問に答えてもらう時間をカットする

とのことでした。この先生は、今日の夕方の授業も受け持っていますが、そちらの授業はオンラインで行われるようです。

今まで教室での授業が休講となったことが何回もありましたが、全てオンラインでの授業や補講のビデオが提供されました。オンラインの授業の場合、Zoomというビデオ会議のシステムが使われます。チャットや音声で先生に質問することもでき、普段の授業と同じように進行されます。

こちらの授業は日本と異なり、1回1回の授業で何を教えるか、シラバスではっきりと指示されています。そのため1回でも授業が飛ばされると後々まで予定が全て狂ってしまいます。学生も皆人間なので休講となると少し浮足立ちますが(笑)、飛んでしまった分は何かしらの方法でカバーされることになります。

写真は、今日の帰り道の様子です。1年生の頃初めて雪が積もった時、インド人など、雪を見慣れていない同級生がはしゃいでいたのがほほえましく思い出されました。
雪のArlington

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください