やっぱり行って良かった留学

皆様こんにちは。

ずっと更新できていないままでした。無事にMBAを取得し、卒業、帰国、そして仕事に復帰しています。

2年弱の留学期間中、一度も日本に帰っていませんでした。日本行きの飛行機に乗り日本人乗務員さんの日本語のアナウンスを聞いたときには、いろいろな感慨が込みあげました。文字通り涙がこぼれる感動で、今でも新鮮に思い出されます。

空港から出て久しぶりの日本の街を歩くと、ご飯が安くておいしく、コンビニが綺麗で便利で、ホテルも清潔で、全てが快適です。巨大で無骨なアメリカの物に慣れた自分には、日本の物は全てが小さくてかわいらしくて美しく見えます。けど、あの自由の国も懐かしいなぁ。月並みではありますが、両方に住んでみたからこそ両方の良さが分かるものですね。

仕事の方も、温かく懐の深い上司・先輩・同僚に恵まれ、充実しています。MBAで経営学を体系的に学んだ今、物の見え方が変わっていることを実感します。自分はこの仕事が好きなんだということも、改めて感じています。焦らず、しかしなるべく早く、学んだことを還元していこうと思います。

いろいろ不安がありましたが、やっぱり留学に行ってよかった。少なくとも今は間違いなくそう感じます。同時に、ここで止まってしまってはダメで、走り続けなければいけないなという半ば焦りに似た気持ちもあります。皆様引き続きよろしくお願いします。

このブログは、MBA留学に関する話題を中心に、気張らず細々と続けていこうと思います。写真は、卒業の日、ほっと一息ついた時に校舎の窓から見た景色です。

MBA授業メモ:変動費と固定費を混同すると経営判断を誤る

皆様こんにちは。書きたいことはたくさんたまっているのですが追い付かず…。今日は、事業の採算性を判断するときに陥りがちな、固定費と変動費の罠について書こうと思います。アカウンティング(会計学)の授業からの抜粋です。
“MBA授業メモ:変動費と固定費を混同すると経営判断を誤る” の続きを読む




ワシントンDCの鉄道-自治体運営の外資系通勤列車

皆様こんにちは。今日はワシントンDCの鉄道シリーズ最終回、自治体運営の通勤列車について書きます。運行のスキーム、そしてダイヤが非常に面白い鉄道です。
“ワシントンDCの鉄道-自治体運営の外資系通勤列車” の続きを読む

ワシントンDCの鉄道-アムトラック

皆様こんにちは。

学校が夏休みに入っているため、少し勉強から離れたことを書いてみようと思います。前々から書きたいと思っていた、「ワシントンDCエリアの鉄道」について書き始めてみようと思います。(興味のない方、ごめんなさい…)
“ワシントンDCの鉄道-アムトラック” の続きを読む

MBA授業メモ:国境を超えるモノと情報、国境を越えられない人

皆様こんにちは。ワシントンDCはあっという間に春が過ぎ、初夏を感じるようになりました。日本はゴールデンウィークですがアメリカでは関係なく、淡々と毎日が進んでいきます。

さて、今日はグローバル化についての授業で面白かったトピックがあるので、まとめてみたいと思います。
グローバル化はどのように引き起こされ、人々の生活や企業活動にどのような影響を及ぼすかについてです。The Great Convergence: Information Technology and the New Globalization (Richard Baldwin著・2016年)のIntroductionの内容に基づいています。
“MBA授業メモ:国境を超えるモノと情報、国境を越えられない人” の続きを読む

MBA授業メモ:非市場戦略とは

みなさんこんにちは。
ワシントンDCではもうすぐ桜が咲くかと思っていましたが、先週の突然の雪のため少し先に延びてしまったようです。

今日は、非市場環境に対する戦略について、書こうと思います。
“MBA授業メモ:非市場戦略とは” の続きを読む